FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽれぽれタイム♪

まずは、紹介させて下さい。

昨年10月に発足した『ぽれぽれタイム』。

メンバーは、アコーディオンパフォーマーのあんざいのりえさん、クラウンのかやまひろみさんと、クラウントミー☆の3人。

この3人の演出にご指導頂いたのは、パントマイム界では、知らない人がいないとも言われる清水きよし先生です。
IMGP5082_convert_20110907234830.jpg IMGP5076_convert_20110907234630.jpg

清水先生は、あの有名漫画『ガラスの仮面』の本の中でも紹介されています。そしてサイレントコメディで大人気の『が~まるちょば』の黄色のモヒカンのひろぽんさんの師でもあります。

私も何度かワークショップへ参加したことがありますが、表現者としてはもちろんですが、人柄も素晴らしい方であります。
私のサーカス学校時代の先輩であるかやまひろみさんは、日本人初でボリショイサーカスで舞台を踏んだ凄い人です、その後、日本のキグレサーカスのクラウンとして活躍し、退団後、舞台での作品作りのためと、マイムの勉強のため清水先生の門を叩いたのでした。ひろみさんとは、二人のコンビでもお仕事をしたり、良き友であり、仲間です。

昔私も清水先生のワークショップを受けていたことで、同じく先生の元で昔習っていたあんざいのりえさんを先生よりご推薦頂き発足した世にも珍しい女性3人ユニットであります。

ひろみさんは、既に一人舞台公演をこなし、その舞台は本当に感動です。サーカス愛を感じます。
のりえさんは、2つのキャラを持ち、ただのアコーディオン弾きとは違います。

生の音楽が入る素晴らしさと、容姿端麗なのりえさんがアクセントになって絶妙な空間を生み出します。
二人とも色々な世界を見せてくれて、ものすごく刺激になります。

昨年12月、長野県にある、まきば保育園さんの30周年記念が私たちの最初の舞台でした。
松代市文化ホールで卒業生なども集まり、タイムカプセルを開けたり、子供たちの発表もある大きな式典でした。
子供たちの反応は、予想以上に最初からよくて、舞台でもらう拍手は格別でした。
それと同時に、舞台の難しさ、沢山の人の協力があって出来ることの大変さも痛感しました。

ユニットにおいては、一人でやってきた私にとっては、合わせる事の難しい事!そして、技術的な問題。先輩と合わせるには、技術的な部分で落ち度が目立つ…。あと、舞台での演技の難しさ。動き方。でも、先輩は根気よく練習に付き合ってくれました。そして先生のアドバイスの的確なこと。感謝感謝です。

舞台は正直、興味が無かったのですが、新たなものが見えてくるのでは?という期待と、こういう機会を与えてくれた先輩に感謝しチャレンジすることにしました。

毎週東京の青梅への通いです。3人は高崎、青梅、川崎とバラバラ。中間をとって青梅になったわけですが、中間といっても片道高速2時間ですので、なかなか大変でございました。交通費もね、バカにならないのであります。先を見越しての投資と自分に言い聞かせて。

初稽古です。のりえさんとは、初対面でしたが、そんな感じがしませんでしたね。そして、今年の6月に青梅舞台芸術フェスティバルの出演が決まって新たに発見した稽古場。青梅の山奥にあり、マイナスイオンたっぷりです。

IMGP4064_convert_20110907235257.jpg IMGP5024_convert_20110907235142.jpg

続く・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。